30代で離婚した人からの学び

30代で離婚した人からの学び

周りを見ると幸せそうな夫婦や家族がいる傍ら、離婚している人も多いです。

30代で離婚した理由は
「旦那の商売を支えすぎた結果、自分の方に振り向いてくれなかった」
「結婚して自分の仕事をしていても、ひとりの方が楽だと思った」
「結婚してから態度が変わった。家事や子育てに協力的ではない」
という話を聞くことがあります。

一家の衣食住を支えていく仕事と、家事や子育ては喜びも多い分、辛いことや大変なこともあるので、お互いが相手の仕事や価値観を理解し思いやりを伝えることはとても大切です。

寂しい、辛い気持ちが素直に言えない気持ちと、大丈夫!という自信の狭間である30代はなにかと大変です。

また「結婚」に焦っていた男性が結婚したとたん、誠実さが見えなくなったということは女性から見ると最悪です。
子育ての苦労が何倍にもなる旦那を育て直すという作業をする羽目になってしまいます。

また女性の場合も同じく、子持ちの友人が結婚するとき、結婚式場で花嫁姿で式の時間を待っている間「私はなぜここに座っているのだろう」と、疑問に思ったそうです。

彼女にしたら子供のためにと思う気持ちが結婚するという決心になったのですが、自分の幸せを考えると複雑な気持ちになったようです。

結婚後の自分の幸せを大事にするためにもお相手探しに妥協は出来ないですね!

カテゴリー:30代女性の結婚の悩み