40代女性の結婚の悩み

結婚適齢期を考えみる

昨今、日本でも世情が変わってきたように結婚適齢期の時期も変わってきています。

以前は24歳くらいが平均でしたが、今は時代の流れで女性が働く意識が向上されて結婚適齢期が伸びてきています。
働く意識の向上と女性もキャリアを目指しているわけです。

結婚適齢期というのは、人それぞれですが男女とも結婚の平均年齢は30歳くらいですから、現代の日本では、その前後5歳ぐらいが結婚適齢期といえます。
そんなこともあって、結婚への意識は遅くなっています。

また、25歳?35歳くらいの未婚率は男女とも50%近くと晩婚化がどんどん進んでいて、結婚の平均年齢は男性が29.6歳、女性27.8歳に上がっています。

結婚を意識するようになるのは、男性の場合、経済的に安定してきて結婚生活に自信が持てるようになるのが30歳ぐらいで、女性の場合には出産のこともありますので25歳ぐらいで結婚を意識し、遅くとも30歳ぐらいまでには結婚したいと願う女性が多いようです。

これは一般論過ぎませんが、実際、結婚適齢期を気にせずに40歳代で独身を謳歌している人も少なくありません。
結婚にこだわる人が少なくなってきているのかもしれません。

また、出産のことを考えるとあせりは感じるものの納得して結婚に踏み切りたいという志向が広がる傾向にあります。

カテゴリー:40代女性の結婚の悩み