40代の結婚観

40代の結婚観

結婚相手に出会えるのも『縁』ですから、縁がなければ、必ずしも結婚をするという気持ちにはにこだわらなくなっています。

昨今の問題として、年金や老後を考えるとするのなら、少子化の問題を解消させて結婚に踏み切るのもよいでしょう。
しかし、結婚が最高の目標になっているとは限らなくなっています。

キャリアを極めたり、趣味を興じて、スペシャリストに転じたり、今は仕事をする女性にとって今までとは違ったワークポジションが得られる環境になっています。

個人主義が当たり前の今の世の中は、必ずしも結婚が目標ではなくなっています。
そして、人付き合いもおっくうになりがちです。

これも自然の成り行きでしょう。しゃかりきになって、結婚を意識する生活ではなく、他にも重点を置く位置が変わってきています。

結婚相談所のO-netでの年代別の結婚意識調査によると、パーセント提示で比較するなら、結婚の意識は大幅な変化が見受けられます。

例えば、30代前半層74.6% 35歳後半層61.1% 40代前半51.0% 40代後半32.5%と結婚意向は年齢の上昇とともに低下しています。
つまり、結婚意向度を押し下げているのは40代女性なのです。

30代・40代全体の「一生結婚したくない」との回答は12.1%ですが、40代層を取り出すと17.5%にまで高まります。
女性が未婚でいるのは、ある意味、確信的な選択であるようにも見受けられます。

また、男性においては、40代層は59.9%が結婚の意思を持ち続けていますが、非婚意識は11.7%です。

つまり、40代の結婚観は自然の成り行きに身を任せて、結婚をしてもしなくてもどちらでもよいという見解になります。

カテゴリー:40代女性の結婚観