40代の結婚の形ってどんな形?

40代の結婚の形ってどんな形?

良く取り沙汰されるのは、40代世代は結婚願望が薄れて「諦めている」といわれますが、実際にそうなのでしょうか。

諦めているわけではありません。
既婚者たちから見れば、自由で気まま、責任感がなく、いろんなものを我慢できずいつまでも落ち着きが無いなどと辛口の批判がありそうです。

しかし、当人の40代たちは、結婚願望があって、恋人もいて、さあ!これから結婚決断のときにタイミングがズレてしまっているので、仕方なく一人ぼっちになってしまった傾向があります。

何か大事な決断をするにはその決断のときの風が吹いてくるはずなのです。
風待ちをしているうちに一人の気楽さに落ち着き、結婚願望が薄れて行くのです。

女性なら結婚して子供を持ち、子育てに追われ、子供の成長を垣間見ながら自分も成長していくプロセスを踏まえるわかですが、現実問題として20代や30代の結婚観とはやはり40代の結婚は慎重にならざる得ないのです。

結婚の形にこだわらないのが40代の結婚の形です。
社会人として、ある程度の地位もあり、趣味に打ち込む、ただ、傍らに一生のパートナーがいるだけではなく、パートナーと人生を楽しみ、従来の結婚の形にこだわらずともよいのではないかと考えます。

枠に、はまらずに自由奔放に生きるを楽しむのが40代の結婚の形であると言えます。

カテゴリー:40代女性の結婚観