一生のパートナー

一生のパートナー

最近の40代の結婚観が以前と、違ってきているのは物が溢れているだけではなく、一生のパートナーとする対象が少しずつ変化してきているのです。
結婚相手が一生のパートナーであると考えるのは今までの出来事だといえます。

最近の40代のライフプランでは、気の合う仲間と楽しく暮らしたり、または、小動物と暮らしたりすることが多く見られます。
小動物と暮らせるマンションが急増しているのも要因のひとつです。

40代は、がむしゃらに働き、余暇を楽しみ、自由を好みます。
かといって一人は淋しい。すると、愛情を注ぎ込み、心のストレスを癒してくれる小動物に心が向いていきます。
物言わぬ小動物たち、犬や猫は良き心の友となります。

ですから、必然的に一生のパートナーとなるべきは、結婚相手とは限らなくなっているのです。
また、気の合う仲間たちとは変わらぬ交流を持ち、心身ともに蓄積されたストレスを解消するのです。

誰しもが、だれに遠慮することなく、ストレスの無い生活を望んでいるものです。
一生のパートナーを結婚相手と考える人もいるでしょう。

熟年離婚の急増する中においてはやはり一生のパートナーが結婚相手と限定するにはいささか、強引にも感じます。

カテゴリー:40代女性の結婚の悩み